特殊清掃の活躍と大きな役割~綺麗をおくりびと~

需要が伸びている

高齢者の人口が増え、一人暮らしをしているお年寄りも多いので、家族でも孤独死に気づかないというケースがほとんどです。その為、遺族のほとんどが住居の清掃や遺品整理などを業者に依頼しています。

» 詳細を確認する

遺品整理は業者で違う

特殊清掃の作業の1つとして、遺品整理が含まれています。業者によって内容が変化してきますが、大体は不要品の処分、貴重品の分別が基本となります。現代では、遺品整理を生きている間に行なうサービスも注目されています。

» 詳細を確認する

重宝してるサービス

特殊清掃には様々なケースがあり、通常の清掃では綺麗にできない汚れや臭いをしっかり落として綺麗にしてくれます。害虫駆除から汚染物除去、消毒といったことも行っています。

» 詳細を確認する

正常な状態に回復

部屋がクサイと感じているなら消毒を行なってくれる専門の業者に依頼してみるといいでしょう。申し込みはこちらからとなっています。

換気扇の掃除をしてくれるココなら、掃除するのに時間がかかってしまうこの機器でもすぐ綺麗にしてくれるでしょう。

特殊環境の室内清掃業務

孤独死や事故、自殺、事件によって遺体発見が遅れることがあります。特殊清掃とは、遺体が腐敗腐乱した状態によって、床の汚れやや室内の臭いを消すなど正常な状態に回復するための清掃です。近年孤独死が増えたことによって需要が高まっています。具体的な業務は、汚染除去、血液除去、消臭、消毒、害虫駆除、家具や寝具、日用品などの室内にあるほとんどの荷物の処分、室内解体作業などがあります。また幅広く手がける特殊清掃業者では、遺体処理や納棺から火葬、供養まで行う場合があります。遺族や家主の要望に応じ、全て引き受けることになるので、専門知識や資格を有する作業員が多く働いています。依頼主が現場や遺体を見ることなく、元通りの状態にします。

必要な資格と専門知識

多くの資格や知識が必要とされますが、特殊清掃に必要な具体的な資格として次の物が挙げられます。臭気判定士、医療環境衛生士、防除作業監督者、1級葬祭ディレクターなどです。部屋に匂いが残っていては、次の借り手や買い手を見つけることは困難ですし、また近隣の住民に悪影響を及ぼします。害虫処理も徹底することで、蛆などを完全に除去し繁殖を防ぐ必要があります。素早く納骨までを済ませるための知識も勿論必要になります。このような知識を有することで、素人ではスムーズに運べない処置を円滑に行うことが可能になるのです。作業中に感染症に侵されないように注意が必要にもなります。人の嫌がる仕事なので、収入面では恵まれています。競争相手が少ないので、特殊清掃は開業に適した職種と言えます。

遺体などがあった部屋の掃除を行なってくれるのが特殊清掃業者です。このようなトラブルを対応してもらうためにもこちらで業者について調べましょう。

オススメリンク

  • 特殊清掃隊

    特殊清掃は業者に依頼することが最適ですよ。もし悪臭に悩まされているなら、消臭を依頼してみると良いでしょう。
  • ダクト清掃の専門家

    ダクト清掃はこちらで対応しています。溜まってしまった汚れが気になるという場合に作業を行ってもらおう。